一覧に戻る

健康に気遣うなら検討したい自然素材の注文住宅

健康に気遣うなら検討したい自然素材の注文住宅

 

 

子どもの健康を守る自然素材住宅

 

住宅に使用されている建材や家具などは生活するうえで必要不可欠なものです。ですが、その中でも化学物質が含まれているものもあります。健康のことを考えると化学物質が含まれている建材などを使用せず、有害物質を含まない建材を使用することが望まれます。健康のことを考えたときに、気になるのが自然素材住宅。自然素材を活かした住宅では、シックハウス症候群などの病気とはさようなら。快適で健康的な住宅になります。そこに住む家族の健康を考えるのであれば、自然素材を検討してみるのはいかがでしょうか。

 

自然素材のよさは、健康的なこと。

 

住む住宅で快適に健康に過ごしたいという思いは、住宅を検討中の人ならばみなさんの願いです。特に2002年頃から日本中でシックハウス症候群が話題になり、自然素材を使用した住宅は少しづつ注目を集めるようになりました。

注文住宅に自然素材を使用することの目的は、シックハウス症候群や化学物質過敏症など、健康被害が少ないということです。日本で古くからある建物、お城で使用されている壁材「漆喰」は、一時はめっきり使用されなくなってしまいましたが、有害物質が含まれていないことから、最近では人気が出てきています。

漆喰以外にもホルムアルデヒドを吸着分解する性質を持つ「珪藻土」や、抗菌性と耐久性に優れた「リノリウム」など多くの建物に自然素材が使用されています。健康を意識した生活を求める人たちから、自然素材住宅が求められています。

 

コストアップしても使用したい自然素材

 

近年、選ばれることが多くなった自然素材。自然素材を使用するメリットは、健康的に生活ができるということ以外にも選ばれる要素があります。

無垢材
フローリングや壁材などに利用される無垢材は吸湿発散性に優れており、夏は湿気を吸い取ります。冬の乾燥した時には逆に湿気を放出するという特性から、夏は涼しくなり冬は暖かく過ごせます。また、気の種類によりますが、防虫効果が高いものもあり、シロアリなどの害虫に強い素材もあります。
コルク材
吸音性・耐水性に優れた効果を発揮するコルク材は、防音したい子ども部屋や音楽部屋などに向いています。また弾力性があることから足腰に負担がかからないため高齢者にもおすすめの床材です。
このように良い面ばかりが目立つ自然素材ですが、少なからずデメリットもあります。それは自然素材だからこそ、・大量生産ができない。・施工に手間がかかる。・同じ色、同じ形のものを揃えることが難しい。などがあげられます。これらの理由から通常の材料に比べて費用が高くなることも考えなくてはなりません。ただ、家族の健康な生活を考えるならば、自然素材にかかる費用が少しかかっても採用する価値は高いと言えます。

 

 

子どもとともに成長、変化する住まい

 

費用を抑えて安く住宅が建てられたからといって、コスト削減して家族の健康に支障がでるようでは何のための家なのか分からなくなってしまいます。もちろん自然素材を使用していれば絶対健康被害は出ないというわけではありませんが、これから暮らしていく家に安心な要素があるにこしたことはありません。
自然素材はメンテナンスが必要になりますし、天然のものですから当然、時間とともに色が変わっていきます。これは自然素材を活用した家もまた呼吸し、生きている証拠なのです。そう考えれば、子どもを育てるように手間暇かかった分、愛着の湧く家になりますし、色の変化や形が微妙に変化することも、その家独自のオリジナルとして感じられます。時間が経過することによる色の変化も自然をみる美しさとして魅力が増すことでしょう。

健康的に暮らすことができ、さらに変化、成長を楽しめる自然素材住宅。通常材を使用するよりもコストはかかりますが、費用をかけただけ感じる満足度はオンリーワンの自分の住宅ならではです。変化した住宅によりこの家を大切にしようという気持ちも生じることでしょう。注文住宅に自然素材を用いることはそれだけの価値があります。

 

 

 

 

【GIFT HOME】ギフトホーム 地元で暮らす。ギフで暮らす。
誰でも手が届く自由設計住宅の提供。資金計画や土地計画も協力にサポート!
養老町 大垣市 垂井町で注文住宅 新築住宅 住宅リフォームはギフトホーム
株式会社だいけん設備 岐阜県養老郡養老町大坪559
http://www.gift-home.net

 

 

 

 

一覧に戻る