一覧に戻る

諸費用について詳しく知ろう 第4回

諸費用について詳しく知ろう 第4回

こんにちは。
代表の佐竹です。

今回は諸費用第4回です。

その4回目は
またもや「諸経費」です。

 

おさらいしますと、「諸経費」とは・・・

「住宅ローンにかかる費用」、「損害保険費用」「登記費用」の3つの費用に分解されます。

 

前回、「住宅ローンにかかる費用」を見てきました。

前回の記事を読むと、住宅ローン選びの大切さがよく分かるのではないでしょうか。住宅ローンによって銀行にかかる費用がたくさんかかってしまう商品もあることが少しでもお分かり頂けたかと思います。

 

前回見た内容だけでも、その費用を正確に把握しないまま家づくりを始めてしまうと、かなり予算がオーバーしてしまう。そういうことにならないためにも資金計画をすることがいかに大切かということがご理解頂けたのではないかと思います。

今回は、残りの「損害保険費用」と「登記費用」について詳しくお伝えしていこうと思います。

 

『損害保険費用』

●火災保険

損害保険の代表選手、火災保険。まずは何年分加入するのかによって金額が変わります。
最長で10年間加入できるのですが、何でも長期に渡って一括で払う方が割引率が高くなるように、火災保険も2年間で加入するのと10年間で加入するのでは割引率が違ってきます。

あと大事になるのは、火災保険の保証範囲です。

例えば、「水害」に対するリスクに対してどうするか。
これによって金額は変わります。
では「家財」には保険をかけるのか。

あと、保険金額が大きく変わるファクターで、
「耐火構造」であるかどうか?
これで金額が変わります。

木造住宅の場合、「省令準耐火構造」が耐火構造にあたります。
耐火構造の家は、非耐火構造に比べ5~6割保険料が安くなります。

35年間という長い期間を考えると、この保険料の差が50万円くらい支払額が違うことにもなりますので、ぜひこの情報は覚えて置てください。

●地震保険

火災保険とセットで加入します。

地震保険は、どの保険会社で入っても金額は変わりません。ですので、保険会社で悩む必要はありません。
しかし建物金額の半分の金額までしか補償してくれませんので、例えば地震によって住宅が全壊しても、2000万円の家の場合、1000万円しか保険がおりないということです。
家を建て替えるための保険というよりも、その後の生活のための保険だと考えましょう。

加入期間は最長5年で、1年ごとに入るか入らないかを決めることが出来ます。

地震保険に関しても、火災保険と同様に耐火構造かどうかによって金額が大きく変わりますので、非耐火の住宅は火災保険だけでなく、地震保険も高くなってしまいます。

また、耐震等級によっても割引率が変わり・・・

耐震等級1 10%オフ
耐震等級2 30%オフ
耐震等級3 50%オフ

となっています。

『登記代』

※「所有権移転登記」は、諸経費について詳しく知ろう第1回にてお伝えしたため、割愛致します。

 

●建物表題登記

建物を新たに建築した時に行う登記のことで、建物の構造、面積、住所、持ち分などの内容と、形状、敷地に対してどのように建築されているかなどを測量・製図して、申請してもらう登記です。

土地家屋調査士が申請・登記します。

●所有権保存登記

完成した建物を、あなたが所有しているということを
公的に第三者へ示すための登記です。

司法書士が申請・登記します。

●抵当権設定登記

住宅ローンの融資を実行した銀行が、あなたが所有する土地と建物に担保を設定するための登記です。

建物表示登記、所有権保存登記は、
土地家屋調査士や司法書士に頼まなくても、
自分で申請することが出来ます。
しかしこの抵当権設定登記だけは、銀行にとって大切な登記なので、
必ず司法書士にしてもらわなければなりません。

●建物滅失登記

建て替えをして住宅を建てる場合に、古い家を取り壊します。その取り壊した後に申請しなければならない登記です。

土地家屋調査士が申請・登記します。
自分で申請することも出来ます。

●土地地目変更登記

家を建てる土地の地目が宅地以外の場合、宅地へと地目変更をしなければなりません。

土地家屋調査士が申請・登記します。
自分で申請することも出来ます。

 

 

 

これで『諸経費』は、ほぼ全てお伝え出来たのではないでしょうか。

本やネットなどで、100~150万円くらいといわれている諸経費ですが、選ぶ住宅ローンや火災保険、申請登記などによって費用はかなり変わると思います。
口やかましく言いますが、それを正確に把握するために作るのが資金計画です。

 

やっと、諸費用については終わりかな・・・?

いやいやまだまだ終わりません。

 

次回は、見落としがちな費用についてお伝えしたいと思います。
もう少し諸費用についてお付き合いください。

 

家を建てる場合にかかる経費。
必ず必要になる費用となりますので、
次回もお見逃しなく。

 

 

 

 

 

【GIFT HOME】ギフトホーム 地元で暮らす。ギフで暮らす。
誰でも手が届く自由設計住宅の提供。資金計画や土地計画も協力にサポート!
養老町 大垣市 垂井町で注文住宅 新築住宅 住宅リフォームはギフトホーム
株式会社だいけん設備 岐阜県養老郡養老町大坪559
http://www.gift-home.net

 

一覧に戻る