一覧に戻る

不動産屋さんとの上手な交渉方法

不動産屋さんとの上手な交渉方法

今、土地を持っていない方は、家づくりを始めるにあたって、当然土地を購入しなくてはなりません。
では、どのような手順で家づくりを進めていけばよいでしょうか。

 

まずは資金計画。

 

土地を持っている方でも、土地を持っていない方でも、まず始めにやらなければならないことは資金計画です。家や土地をコンビニで弁当を買うように買う人はまずいません。テレビを買うにしても、自分が用意できるお金をまず決めて、次にこのメーカーの何インチのこのテレビは17万円くらいだよな、と調べてから家電屋さんやネットで調べて購入すると思います。家や土地も同じように、自分がいくら払えるのかをしっかりと把握する必要があります。

また、自己資金がある、少しならある、まったくない、という方によって土地の選び方も変わってくるのです。

自己資金がある方。

土地を全額自己資金で購入できる方、もしくは土地代の半分でも自己資金があるのであれば、売り出されたと同時に売れてしまうような人気の土地を購入しても問題はないでしょう。

自己資金がない方。

 

自己資金がない方は、先ほど出た、人気の土地を購入することはおススメしません。絶対ダメとはいいませんが、おススメはしません。なぜなら、人気の土地を購入することによって、予算オーバーする可能性が非常に高くなってしまうからです。予算オーバーということは資金計画がしっかり出来ていない、もしくは資金計画を守らずに実行しているのです。そのしわ寄せは、土地を購入した後の家づくりに影響を与えます。また、入居した後から始まる住宅ローンの返済に大きく影響するのです。

 

人気の土地は価格も高いです。土地に予算が取られすぎて、肝心の家づくりが狭く作らざるを得なかったり、住み始めてから住宅ローンが生活に重くのしかかる。何てことにもなりかねません。

 

ですので、自己資金がない方で、土地から家づくりを考える人ほど、しっかりと資金計画をする必要があります。資金計画で、家の予算、諸経費の予算、土地の予算をしっかりと立てていきます。

 

前振りが長かったですが、ここからが本番です。

 

今回は不動産屋さんとの上手な交渉方法です。

 

土地を購入するには不動産屋さんとのやり取りが欠かせません。
もちろん、家を建てる建築屋さんの協力も必要となります。

 

では不動産屋さんにはどのように協力してもらえば良いでしょうか。

 

ここでは、資金計画で、土地の予算までしっかりしていることが大前提になります。資金計画で予算化した土地の価格の範囲内で土地を探すことにします。ただ、これは資金計画の範囲ですが、土地の購入にかかる費用などもしっかりとみておかなければなりません。土地代、仲介手数料、登記代、水道加入金、境界工事、固定資産税清算金などがありますから、これらも含めた予算を組む必要があります。

これらを含めて、不動産屋さんにお願いすることになります。自分の理想の土地と予算をお伝えして、売り物件があれば、しっかりと価格交渉してもらいましょう。

 

すぐに売れてしまうような人気の土地は価格交渉は、出来ないでしょうが、そうではない土地の場合は価格交渉の余地はある場合がほとんどです。

 

土地も物と同じように買い手の方に価格決定権がある場合があります。

ここで注意して頂きたいのは、不動産屋さんが手にする仲介手数料は土地の価格に応じて決定するということ。仲介手数料の報酬上限は「売買価格×3%+6万円(税抜)」となります。土地の価格が安くなれば当然仲介手数料の報酬上限額も下がってしまう。不動産屋さんにしっかり価格交渉を含めた仕事をしてもらうためには仲介手数料の値引き要求はあまりしないようにしましょう。値引き要求するなとは言いませんが、不動産屋さんも人間です。値引き要求する客と満額支払うという客がいてどちらに親身になるか考えてみて下さい。

 

不動産屋さんを味方につけることで、資金計画で算出した予算に近い状態で土地を購入しましょう。

 

ここでひとつ付け加えることは、、、土地を希望どおり購入するためには建築屋さんの協力も必要なのです。

 

次回は、

 

土地選びに失敗するとこうなる

 

です。

 

 

 

【GIFT HOME】ギフトホーム 地元で暮らす。ギフで暮らす。
誰でも手が届く自由設計住宅の提供。資金計画や土地計画も協力にサポート!
養老町 大垣市 垂井町で注文住宅 新築住宅 住宅リフォームはギフトホーム
株式会社だいけん設備 岐阜県養老郡養老町大坪559
http://www.gift-home.net

一覧に戻る