ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは?

 

「Net ZeroEnergy House」の頭文字をとって、「ZEH」=「ゼッチ」と読みます。

「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」とは省エネと創エネを組み合わせて、エネルギーの消費量を±0にする家のこと。住まいの断熱・気密性能を高めるとともに、エネルギーを賢く使うことで消費エネルギーを低減、さらに太陽光発電などの機器を活用し、消費したエネルギーの収支をゼロにします。エネルギーを消費するだけだった従来の家と比べ、環境への負担も大幅に軽減する未来の住まいです。

ZEH実現のために

・断熱 
断熱性能を向上させることで、エネルギーロスを最小限に抑えます。
(夏は涼しく、冬は暖かい)

・省エネ

省エネ性能の高い機器・照明を使用することで、家で消費する電力を減らすことができます。

・創エネ

太陽光発電等でエネルギーを創り出し、HEMSによりエネルギーの状態を把握しコントロールすることで、効率よく活用できます。

ZEH普及目標

  • 【1】ZEHの周知・普及に向けた具体策

    光や風を最大限に利用した、環境にやさしく快適に過ごせるパッシブデザインの注文住宅を取り入れて家づくりを進めていきます。健康に配慮したライフサイクルを実現します。ゼロエネルギー住宅実現のために、断熱材、換気システム、部材選定などの住宅機能を活かしたパッシブに、太陽光パネル、エコキュート、LED照明などの機器性能を活かした”アクティブ”を融合させた設計を心がけています。そして、設計の段階から光や風を考慮しプラン作成をしていきます。これから新築を検討されているお客様や、見学会、イベントに来場されたお客様にもゼロエネルギー住宅の必要性を提案していきます。

  • 【2】ZEHのコストダウンにむけた具体策

    デザイン性を維持しながら断熱やサッシの性能を上げていくことを基本とし、冬は暖かく夏は涼しく、冷暖房費を抑えることが大切になります。

    設計の段階から建築地の敷地条件・方位・開口・通風・採光を考慮し、光熱費を抑える提案を行います。そうすることで、パッシブデザインより効果的に取り入れます。ZEH仕様を社内で標準化し、材料のムダや過剰な設備機器の設置を抑え、更なるコストダウンを図ります。

  • 【3】その他の取り組みなど

    以上の取り組みを積極的に行っていくことで、お客様に創エネに頼らない家づくりを発信してご理解をいただき、パッシブデザインの住宅の違いをアピールしていきたいと考えております。またお客様にお求めやすい価格で提供できるよう努力して参ります。

前へ

次へ