一覧に戻る

引き戸の魅力をお伝えします

引き戸の魅力をお伝えします

便利で実用的な引き戸

和室などで、よく使われていた襖などの引き戸。現在では、開き戸が主流ではあるのですが、最近では引き戸を多用する例がよく見られます。

 

家の中を広く見せるためには、家具の配置や、収納スペースをどのように取るかが重要ですが、広く見せるための工夫の一つに引き戸があります。

引き戸で家が広くなる

限られた空間の中で、いかに広く活用することができるか、これが戸建て住宅の重要なポイントです。家の中を少しでも広くすることができれば、 開放的な空間になりますし、ストレスもたまりません。家の中を広くする引き戸の活用方法についてお伝えします。

・空間を有効活用できる

開き戸の場合は、扉の開閉によって、約半畳分の空間が必要になります。これを引き戸に変えれば、扉の開閉による空間が必要になりません。ですから屋内の空間が有効活用できます。引き戸を全て開放すれば、複数の部屋が一つの空間になり、とても開放的になりますし、空気の入れ替えもスムーズにできます。

・家具のレイアウトの自由度が高まります

引き戸を利用することで、 引き戸の近くにもう家具を設置することができます。 そのため開き戸に比べて家具のレイアウトの自由度がかなり高まります。

・バリアフリーとして注目される

近年では、バリアフリーという言葉が一般的になりました。開き戸の場合は、扉を開けた場合に体を一度後ろに下げる必要がありますが、引き戸の場合は、そうした動作が必要ありません。ですから高齢者や車椅子を必要とする方などにとって、必要不可欠な扉なのです。

また開き戸の場合は、風のとおりによると、「バタン」と、かなり強くしまってしまう場合がありますが、引き戸の場合はそんなこともありません。

引き戸のデメリットとは

メリットだらけと思われる引戸ですが、デメリットもあります。検討の際はこれらのデメリットも考えた上で設計する必要があります。

・掃除がしにくい

引き戸は扉をレールの上でスライドさせて開け閉めをするため、このレールに埃がたまることがあります。 下に敷居がない開き戸に比べて、掃除の手間が一つ増えます。この場合、 下にレールがない、アウトセット引戸というのがあります。このアウトセットにすれば、掃除の手間も減ることでしょう。

・引き戸周りにコンセントがつけられない

引き戸は、 空間を有効利用できるというメリットがありますが、扉を開閉するための壁スペースが必要になるため、引き戸がある壁には、スイッチやコンセントを設置することができません。

室内の扉については、引き戸開き戸の他に、折れ戸などもありますし、様々の扉があります。どの扉が最適かについては設計段階で工務店とよく相談して決定すると良いでしょう。

 

 

 

 

【GIFT HOME】ギフトホーム 地元で暮らす。ギフで暮らす。
誰でも手が届く自由設計住宅の提供。資金計画や土地計画も協力にサポート!
養老町 大垣市 垂井町で注文住宅 新築住宅 住宅リフォームはギフトホーム
株式会社だいけん設備 岐阜県養老郡養老町大坪559

電話 0120-39-0768
http://www.gift-home.net    mail@gift-home.net

一覧に戻る