一覧に戻る

家づくりと保険の関係

家づくりと保険の関係

家づくりを考えて、住宅ローンを勉強していると、
「団体信用生命保険」というものを知ることになります。

 

団体信用生命保険は、住宅ローンの支払いの途中で、万が一ご主人様が亡くなられたとしたら、その生命保険で全額が返済されるものです。
ですから、住宅ローンを組む場合にはほとんどの場合、この団体信用生命保険に加入します。この団体信用生命保険料が住宅ローンの金利に含まれていることが多いことも一つの特徴です。

 

ただ、銀行が取り扱う住宅ローンではほとんどの商品に団体信用生命保険が金利に含まれる、または低い金利の上乗せで加入するのに対し、フラット35は金利の中に団体信用生命保険料が含まれていません。

 

フラット35を住宅ローンで考える場合、団体信用生命保険料を考えるうえで2つの選択肢があります。

1つはフラット35を取り扱っている、住宅支援機構が用意している、団体信用生命保険に加入すること。

もう1つは自分でどこかの生命保険会社に加入する、もしくは現在かけている生命保険を見直す方法があります。

もう1つ、2つの選択をしないという選択もあるのですが、万が一のための保険ですから、この選択肢は外します。

 

家を建てるということは、生命保険に入るということでもあるのです。つまり家を建てるご家族は生命保険を見直すことも考えないといけないのです。

 

ご自身が加入している生命保険の内容はきちんと把握していますか?学校を卒業したとき、結婚したとき、友人や知人の紹介で保険に加入してそのままの状態で、今どのくらいの保険に入っているか分からない、という方も多いかと思います。

また、子どもが生まれた場合、多くの方は「学資保険」に加入します。

中には、毎月の保険料が多すぎて、保険貧乏になってしまっている方ももしかしたらいるかもしれません。

 

家を建てるタイミングは保険を見直すタイミングでもあるのです。
保険の話は苦手・・・と皆さんおっしゃいますが、向き合う時間を少しとるだけで違った未来が見えるかもしれません。

家を建てるときに団体信用生命保険に加入すれば、もしもご主人がある日突然不幸にも亡くなってしまっても金銭面で慌てることはありません。
住宅ローンはすべて返済されます。ご主人の車は必要なくなります。ご主人にかかっていた生活費がいらなくなります。

奥様には遺族年金が入りますし、お子さんが小さければ遺族年金の上乗せもあります。
奥様が働いていれば、毎月の収入があります。その収入と年金で収入の確保ができます。

 

万が一のことを考えて加入するのが保険です。家を住宅ローンで建てる場合は団体信用生命保険に加入することになりますので、もしかすると今まで加入していた生命保険は要らない、もしくは減額してもよいかもしれません。自分の保険についてあまり分からないという方は保険を見直すとてもいい機会になると思います。

 

家を建てるタイミングは保険を見直すタイミング。信頼できる保険屋さんに相談しましょう。家づくりをするときに資金計画をするかと思いますが、この保険も含めて考えるのがいいと思います。
これもひっくるめての住宅計画、人生計画なのです。

 

 

 

【GIFT HOME】ギフトホーム 地元で暮らす。ギフで暮らす。
誰でも手が届く自由設計住宅の提供。資金計画や土地計画も協力にサポート!
養老町 大垣市 垂井町で注文住宅 新築住宅 住宅リフォームはギフトホーム
株式会社だいけん設備 岐阜県養老郡養老町大坪559

電話 0120-39-0768
http://www.gift-home.net    mail@gift-home.net

一覧に戻る