一覧に戻る

インターホンについて考えよう

インターホンについて考えよう

ご自宅が被害にあわないために

空き巣などの被害は、減ることがありません。日本の住宅は、どんどん防犯対策はしっかりしているにも関わらず、空き巣などの被害は全然減っていないのです。玄関や窓の鍵を厳重にしたり、家の周りのフェンスをしっかり設けたり、玉砂利を引いたりして、各家庭で防犯対策を施していることかと思います。この空き巣、強盗窃盗の出口は年々変化しており、更なる防犯意識を持つことが大切です。

録画機能付きインターホン

最新のインターホンには、テレビ画面がついていたり、 録画機能が付いていたりします。 カメラ付きなので、声だけではなくて、 顔も確認できますのでより安心です。
自分たちが不在の時はどうでしょうか。空き巣は普通、 留守の家を狙います。その際にインターホンを押して不在かどうかを確かめる空き巣もいるようです。そんな時に録画付きのインターホンであれば、不在時の訪問者を録画することができるので、怪しい人物の顔も、 録画して残すことができますので、 もし万が一被害にあったとしても、犯人を特定できるかもしれません。

子機が2台あるものもあります

インターホンによっては、子機が2台あったり、持ち運びたりすることができるものもあります。2階で生活することが多い人の場合、子機が2台のタイプを選択して、その一台を2階に設置するという方法もあります。1階にしかインターホンがなく、 2階にいた場合、宅配業者が来ても気づかない場合もあります。せっかく家にいるのに、荷物を受け取ることができず、 不在票が入っていた、なんてことも回避できます。

宅配業者であれば再配達で済むことですが、これが空き巣の場合は大変です。インターホンを鳴らして、 留守だと判断し、住宅に侵入したところを、家の人とばったり会ってしまった。そんな場合は命の危険すらあります。そういう意味では、 インターホンは防犯対策でもあるのです。

最近では、 スマホ対応のインターホンもありますので、活用するのもよいでしょう。スマホに専用のアプリをインストールすれば、インターホンで訪問者があった時に、それを知らせてくれる、また、そのアプリを通じて訪問者と対応することもできます。

インターホンをどこに設置しますか

インターホンを設置する位置は、1.玄関前 2.門扉の前 などに分かれると思います。最初から設計で、 外構までデザインするのであれば、インターホンを設置する位置も含めて設計することができます。
あと気をつけたいのが、 インターホンの設置高さです。せっかくインターホンをつけて録画機能があっても、 人の顔が映らないのであれば意味がありません。そのため平均的な成人男性の高さに合わせて設置することが望ましいでしょう。
玄関前に設置する場合は、 玄関の右に設置するのか左に設置するのかを 確認しましょう。玄関扉が開いた時に、 インターホンが隠れない位置にしましょう。

 

インターホンについても、判断に迷った時は、 迷わず工務店の担当者に相談しましょう。

 

 

 

 

 

 

【GIFT HOME】ギフトホーム 地元で暮らす。ギフで暮らす。
誰でも手が届く自由設計住宅の提供。資金計画や土地計画も協力にサポート!
養老町 大垣市 垂井町で注文住宅 新築住宅 住宅リフォームはギフトホーム
株式会社だいけん設備 岐阜県養老郡養老町大坪559

電話 0120-39-0768
http://www.gift-home.net    mail@gift-home.net

一覧に戻る