一覧に戻る

車好きの憧れ「ガレージハウス」

車好きの憧れ「ガレージハウス」

車が好きな人であれば、家に愛車を停めておくガレージが欲しくなります。最近は家と車庫が一体化した、ビルトインガレージの家を建てる人もいて、設計するときに、車のスペースに要望を入れるケースが少なからずあります。

家と車庫が一体化できる「ビルトインガレージ」

車が好きな人にとって、車は生活の一部です。ただの移動手段としてではなく、車は自分の個性の表れでもあり、アイデンティティの一つです。どれだけ眺めていても飽きのこない愛車は何物にも代えがたいものです。そんな愛車を自分の家のリビングから眺めることができるビルトインガレージは、車好きには憧れのライフスタイルかと思います。愛車とともに生活する喜びがここにあります。

 

ビルトインガレージといっても、いろんなタイプがあります。家から離れた場所にガレージを構え、一人で休日に本や雑誌を見ながら趣味を楽しむ方法。ガレージを家のリビングの横に配置し、いつでも愛車が見えるようにして、家族や友人たちが集まり、車談義に花を咲かせながらホームパーティーを楽しむ人もいます。愛車の楽しみ方は一つではありません。

家と車庫が一体化した住宅をガレージハウスと呼ぶこともあります。家の敷地内に駐車スペースをとるのではなく、同じ建物内に車を同居させるような感覚。まさに車と生活するのがガレージハウスの魅力です。

ガレージハウスのメリット・デメリット

ガレージハウスの何よりのメリットは、雨などの悪天候でも荷物の出し入れや、車に乗り込む際も雨を気にしなくて良いという点です。これは車好きなお父さんだけでなく、奥様やご家族にとってもありがたいことです。

盗難のリスク、雨風やほこりによる車のダメージが少ないこともメリットです。他に駐車場を借りるコストもかかりませんし、ビルトインガレージの面積は延床面積の5分の1未満であれば、床面積に加えられることはなく(容積率の緩和措置)、固定資産税も安くなります。

 

もちろんデメリットもあります。

ガレージでは通常の部屋以上に大きな面積が要ります。ガレージの中には柱を入れることが出来ないため、通常の工法では耐震性が低くなってしまいます。また、建物の中でエンジンをかけると排気ガスが出るため、換気対策が欠かせません。騒音が出てしまい、室内の静かな空間を邪魔してしまうことも考えられます。住宅と密接しているため、車の出し入れは慎重に行わないといけませんし、仮にぶつけてしまえば、車の修理代に家の修理代がかかってしまいます。自宅前に歩道がある場合は歩道の工事が必要になりますので、自治体への事前の申請が必要になります。

自宅がカーショールーム

ガレージハウスは、家と車庫が合体した住宅です。しかし趣味を優先しすぎると、上記のようなデメリットがあるばかりでなく、家族の雰囲気も壊しかねません。ガレージハウスは様々な条件をクリアして、はじめて住まう家族にとって最適な空間となります。そのためには事前の設計士との綿密な打ち合わせは必須条件です。車庫は別に設計する場合に比べ、車庫の機能、住宅の機能を確保し、構造も考えなくてはならないため、設計の難易度は普通の住宅に比べて高くなります。そのため、あなたの理想をカタチにしてくれる建築家を選ばなくてはなりません。

 

自宅がまるで車のディーラーのショールームのような空間になるのは車好きにとっては至福の時。そんな魅力的な空間を創り上げるのであれば、決して妥協してはいけません。ガレージハウスほど中途半端に計画すると使いにくくなる住宅はありません。ガレージハウスを計画される方は、あなたの愛車への想いを真摯に聞いてくれる建築家でないと実現は難しいかもしれません。

ガレージハウス成功の鍵はあなたの愛車への想いと家族との今後の生活を建築家に語りかけること。相談する建築家が車に興味があることが、あなたの想いをカタチにできる第一歩です。

 

 

【GIFT HOME】ギフトホーム 地元で暮らす。ギフで暮らす。
誰でも手が届く自由設計住宅の提供。資金計画や土地計画も協力にサポート!
養老町 大垣市 垂井町で注文住宅 新築住宅 住宅リフォームはギフトホーム
株式会社だいけん設備 岐阜県養老郡養老町大坪559

電話 0120-39-0768
http://www.gift-home.net    mail@gift-home.net

一覧に戻る