一覧に戻る

夫婦で住宅ローンのメリット・デメリット

夫婦で住宅ローンのメリット・デメリット

住宅ローンを組む時に必ず誰もが考える、夫婦での住宅ローン。夫婦で協力して住宅ローンと向かい合いたいが、どのような形で住宅ローンを組めばよいのか分からない。という声が多いです。
そこで今回は夫婦で取り組む住宅ローンのメリット・デメリットを解説致します。

住宅ローンを組む場合、できれば旦那さん、もしくは奥さんの単独借入がシンプルで望ましいのですが、本人の属性や借入希望金額によっては夫婦で組むことが最近は多いです。

 

夫婦で取り組む住宅ローンの種類は
「ペアローン」「連帯債務」「連帯保証」
の3種類に分けられます。

 

全て同じように思われがちですが、それぞれ違います。

ペアローンの場合

メリットは、収入合算することにより借入希望金額の増額が期待できます。また、団体信用生命保険も各自加入が可能で、住宅ローン控除も受けることができます。
減税制度もペアになることにより、控除金額が上限未満の場合には、単独の場合よりも控除額が多くなる場合があります。
デメリットとして、夫婦それぞれが住宅ローンを組みますから、当然各自の審査が通過しないといけませんし、事務手数料等も倍の金額がかかることになります。持分割合によっては、贈与税がかかることもありますので、注意が必要です。

連帯債務の場合

メリットは、収入合算、住宅ローン控除は可能なことです。主債務1人の住宅ローンのため、ペアローンとは違い、事務手数料等は当然1人分のみとなります。
デメリットは、主債務の方しか団体信用生命保険に加入することができません。この場合、団体信用生命保険に加入していない方がもし亡くなった場合もローン返済は続きます。
また、連帯債務の場合、離婚した場合でも「連帯債務と共有物件」を解消しない限り継続してしまいますので注意が必要です。
※ただし、フラット35の「連帯債務」の場合、金利をプラスすることにより、夫婦での団体信用生命保険に加入することが可能になります。民間金融機関でも同様の商品を取り扱っているところもあります。

連帯保証の場合

メリットは、こちらも収入合算が可能なこと、夫婦どちらかが多く返済したとしても贈与税がかかることはありません。
デメリットは、団体信用生命保険に加入するのは一人のみになり、住宅ローン控除も連帯保証人が支払ったとしても、主債務者のみが受けることができます。

ここ数年は共働きの世帯が増え、夫婦で住宅ローンを支払うことは少なくありません。ご主人の収入だけでは希望の借入金額が借りられないと諦めていた夫婦でも、収入合算することにより借入額を増額することができ、希望の土地に希望の家をたてることができます。

 

 

【GIFT HOME】ギフトホーム 地元で暮らす。ギフで暮らす。
誰でも手が届く自由設計住宅の提供。資金計画や土地計画も協力にサポート!
養老町 大垣市 垂井町で注文住宅 新築住宅 住宅リフォームはギフトホーム
株式会社だいけん設備 岐阜県養老郡養老町大坪559

電話 0120-39-0768
http://www.gift-home.net    mail@gift-home.net

 

 

一覧に戻る