一覧に戻る

意外に悩む、コンセントや電気スイッチからの隙間風の原因と対策について。

高気密高断熱住宅でも悩まされるコンセントからの隙間風

コンセントから隙間風が入る?

最近の住宅は、壁や床などの断熱効果に力を入れてものが多く、冬でも室内を暖かく保つことができるように工夫されていますが、そんな中で意外と気になるのがコンセントや電気スイッチからの隙間風です。電気スイッチなどは、スムーズにボタンを押すために隙間が空いており、そこから壁の中の冷たい空気が入ってきます。部屋の気密性が高まっていることで、換気扇をつけると特に、コンセントや電気スイッチからの隙間風が入りやすくなります。

隙間風対策

コンセントや電気スイッチからの隙間風対策としては、いくつかの方法があります。

 

防気カバーをつける

コンセントや電気スイッチからの隙間風対策としてよく使われるのが、防気カバーです。防気カバーとは、柔らかい薄いプラスチックなどの樹脂でできたカバーで、コンセントの裏側につけるカバーです。コンセントや電気スイッチは、壁に穴をあけてスイッチを設置し、その淵をカバーで止めているのですが外してみると意外と大きな穴が空いていることに驚かされます。ここからの隙間風を防ぐために、スイッチを外してその裏側にカバーを設置するのです。防気カバー自体は、ホームセンターなどで数十円~購入することができますが、工事は第二種電気工事士の資格が必要になるので注意しましょう。

 

コンセントカバーをつける

使っていないコンセントからの隙間風を止めるには、コンセントカバーをつけるのが簡単です。ほこりなども入らなくなるので、漏電防止にもなります。スイッチなどは、押すのに問題なければ表面をビニールなどで覆ってしまうことも可能です。ただし、見た目はあまり良くないので、リビングなどではやらない人がおおいでしょう。洗面所などは意外と隙間風が入って寒くなりやすいので、こうしたところは覆ってしまうのもいいかもしれません。

まとめ

高気密高断熱住宅が多くなり、部屋を暖かく保つことができるようになった一方で、コンセントや電気カバーからの隙間風に悩まされる人もいます。こうした隙間風は、防気カバーをつけることでかなり軽減することができるので、気になるならつけるとよいでしょう。場所によっては、コンセントカバーをつけたり、表面をビニールなどで覆ってしまうことで、簡易的に対策をすることも可能です。

一覧に戻る